税理士にできる相談内容

東京の税理士に相談できる内容は、どんなことでしょうか?
会社設立など法人のことが浮かびがちですが、個人の相談もたくさんあります。
特に基本となるのは、税金に関することだと覚えておくといいですよ。
実際に利用された例を見ると、そのほとんどが何かの税金について相談や依頼をしたといったものです。

なぜそうなるかというと、それが税理士の専門だからですね。
税金は自分で何もしなくても会社や市区町村が計算し、必要な金額を天引きしたり、通知したりするといったイメージはありませんか?
納税手続きがそうなる場合も確かに多いのですが、それがすべてではありません。
むしろ税金を自分で計算し、期限までに所定の用紙に記入して東京の税務署まで申告したといった例も多いんです。

これもとにかくやればいいというものではありません。
税金の申告は正確にやるのが原則です。
とはいえ、数字が苦手な方など計算方法がよくわからないといった悩みが多いですし、計算は得意でも何をどう計算すればいいのか、税金の仕組みが分からないといった悩みも多いです。

そんなときのためにいるのが、税理士なんですね。
自分で申告しないといけない税金があったときは、自己責任でそれをこなす必要があるものの、すべてを自力でやり遂げる必要はないんです。
わからなければ専門家に相談するのはむしろオススメされています。
ですから、東京の税理士に相談した内容は、何らかの税金の計算がわからない、仕組みがわからないといった例がほとんどになるんです。
自力で計算できる方や、仕組みを理解している方は、わざわざ税理士に相談する必要はありませんからね。
税金の計算など、対応で困ったことがあったとき相談したという実例が多いのだと、覚えておくといいですよ。

ちなみに、相談された税金の種類ですが、自分で申告といった対応が必要な一部の税金、たとえば所得税などが例として多いです。
そうでないもの、たとえば東京の都税など、通知書が送られてきますよね。
金額にさえ問題なければ、それをコンビニ等で支払うだけですから、これを東京の税理士まで相談したという例は少ないです。
自分で計算や申告手続きが必要な税金についての相談が多いのだと覚えておくといいです。