大阪の不動産に強い税理士

会社設立 税理士01

大阪で会社設立をするなら不動産に強い税理士を見つけるのがおすすめで、不動産について知っている税理士がいれば、より幅広い相談ができるので安心して会社設立を進められます。
もともと税理士が活躍するのは会社設立後になることがほとんどですが、最近では税理士の資格だけでなく中小企業診断士や社労士などの資格を持っている人もいますし、不動産関連の資格を持っている人も数多くいます。

なぜ不動産に強い税理士がおすすめかと言うと、会社設立するときには必ず拠点となる場所を探さなければなりませんし、規模によっては大きな買い物になるケースがあるからです。
そんなときに不動産に詳しい税理士がいれば不動産を選ぶときにもアドバイスをしてもらえますし、その後会社運営していくうえで発生する不動産関連の税金についても把握しておいてもらえるからです。

もちろんそれだけではなく、会社設立後にかかってくる法人税や仕入れにかかる消費税、所得税などの税金にも対応していますし、確定申告や年末調整もやってくれます。
そして会社設立の手続きについても詳しいと尚よく、これが分かっていれば会社設立~運営までほかの専門家に頼ることなく進めていけるのでかなり手間が省けます。

特に重要なポイントになってくるのが定款の作成と認証で、定款は紙で作成する場合は印紙代40,000円がかかりますが、電子定款であれば0円でできます。
ただ電子定款を作成するためには専門的な知識が必要になりますし、専用のソフトを使えなければいけないので、そのあたりを任せられる人が必要になります。

そんなときに行政書士などの資格を持つ税理士であれば、電子定款の作成をしてもらえるので便利です。
電子定款にすることで印紙代を節約できますから、その分をほかのところに回せますし、小さな節約を繰り返すことで結果的に会社全体が潤うことにも繋がります。

税理士にもいろいろな種類があって、企業で顧問契約をするのを前提にしている人もいれば、個人の税務に関わる人、さらに遺産相続に関わる人などいます。
会社設立するときには企業に関わる人でなければいけませんので、顧問契約を前提にしている人のほうがおすすめですし、それ以外だと何かと不便になってしまう可能性があります。

ですから、あらかじめ依頼する税理士がどんなところを強みにしているのか確かめておく必要がありますし、いくつか候補をピックアップできたら一度話をしてみるといいでしょう。