東京の不動産運用に強い税理士とは

会社設立

東京で会社設立した人の中には、将来的に不動産運用も進めて行きたいと考えている人も多いと思いますが、不動産運用は素人だけでなかなかできるものではありませんので専門家を交えて進めて行くのが一般的です。
会社設立後、密にコミュニケーションを取る相手として税理士があげられますが、税理士の中には不動産運用に強い人もけっこいて、そういった人に相談しながら不動産運用を進めて行くケースもよくあります。

まず税理士を雇うメリットからお伝えしていくと、これは何と言っても税金関連の問題をすべて任せることができるという点に限るでしょう。
不動産を所有していると固定資産税をはじめとした税金がかかってきますし、運用する際にも税金がかかってきますから、いかにこちらの納める税金を少なくできるかがポイントになります。

税理士はその点のポイントもしっかり押さえているので、たとえば節税をしながら効率的に不動産運用を進めていくこともできます。
そもそも会社設立時に税理士を雇うところは非常に多いと思いますから、将来的なことを考えてより幅広い知識を持っている税理士に依頼するほうがメリットは大きいでしょう。

企業の顧問税理士になる人の中にはそれしかやったことがないという人もけっこういますので、企業関連の節税や確定申告、年末調整などは任せられるものの、その他の相談ができないケースがあります。
しかし中には中小企業診断士や不動産関連の資格を所有している税理士もいるので、そういった人に依頼すれば、より頼れる幅が広がりますので信頼度も高まりますし、税理士自身も仕事が増えるのでお互いにメリットがあります。

特に東京は魅力的な不動産が数多くありますし、一度にかなりの金額が動く物件も少なくありませんから、税金と不動産運用の両方詳しい税理士がいるととても心強いでしょう。
税理士を選ぶときのポイントとしてまずは必ず無料相談を受けてみて、その人と自分の相性がどうなのかチェックすることが大切です。

インターネット上を見ると、たくさんの税理士関連の情報が出ていますし、その中にはかなり評判のいいものもあります。
しかしそういった情報に惑わされていると結果的に自分の求めているものと違った…ということにもなりかねませんので、必ず自分の目で確かめて信頼できる人かどうか確かめてください。

さらに過去の実績などもホームページに公開している税理士は結構いるので、そういったところもチェックしておきましょう。